顔や体のしみ改善に効果的なケア方法とは

一度できてしまうとなかなか消えない顔や体のシミですが、日常的な努力によって改善していくことができます。あきらめずにシミができる前以上の美肌を手に入れるくらいの気持ちでケアを続けていきましょう。

すでにできてしまったシミを消す前に、まずすべきことがあります。これからさらにシミが増えないように予防することです。

原因の代表は何といっても紫外線です。紫外線によってメラニンが生成されることでシミの直接原因になります。また紫外線は角質の下の弾性組織を傷つけることで皮膚を乾燥させたり炎症を引き起こします。

紫外線による皮膚の乾燥や炎症によって皮膚の細胞が生まれ変わるサイクルが乱れると、本来代謝によって消えていたはずのメラニンが残ってしまい色素沈着を引き起こします。

そのため日焼け止めをしっかり塗って紫外線の害を防ぐとともに、日差しを浴びてしまったあとは化粧水などでしっかりと水分補給して乾燥を防ぐことが重要です。紫外線にはUV-AとUV-Bという二種類があり、特に光老化の原因に関わってくるのはUV-Aの方です。

日焼け止めを選ぶときはUV-Aをしっかりと防げるものを選ぶと良いでしょう。

すでにできてしまったシミを改善するためには皮膚細胞の生まれ変わり、ターンオーバーのサイクルを正常化する必要があります。

紫外線によって失われたビタミン類を補給することは皮膚を健康に保つ上でも美容のためにも有効です。

ニキビや吹き出ものによる皮膚の炎症が色素沈着してシミになってしまうこともありますので、顔や体のシミ改善のためには肌を健康な状態にする必要があるということです。

その他の原因としては毛穴に残ったファンデーションなどが酸化して炎症を引き起こすことです。適切なクレンジングとフェイスウォッシュから対策は始まっています。

紫外線の害の一つとしても挙げた乾燥を防ぐことも重要です。フェイスウォッシュ後の保湿は入念にしましょう。